日常のデジタル画像で徒然に気の向くまま綴るブログ。岐阜発。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



最近ちょっと嵌っているジャクソン・ポロックの映像が見られると知り
豊田市まで出かけてきました。

森村泰昌『なにものかへのレクイエム』が開催されていて
超大判の銀塩写真を前に、また最新のHD動画の作品を前に
これからの写真に対する方向性や取り組み方を考えるいい機会になった。

作品自体の完成度というか手の込み様は、さすがに域に達していて
手法が確立されていなかった90年半ばにあれができたのは素晴らしいと思ったが
今は『デジタルで(フォトショで)もっと綺麗にできるし』とか思わずにいられなかった。
元の写真が存在するため構図や光を作ったのは彼ではないが
それでも一流の写真のポイント自体が光り輝くように語りかけて来た。

これでモデルが良かったらというかせめて女性だったら本当に救われたんだけど
ただの女装趣味で、露出狂のオッサンやがな。
と、思いながら技法や構図だけを注視しながら写真を延々見るのはさすがに辛かったな(笑)
フェイ・ダナウェイだけは直視できなかった。(好きすぎるので)

最序盤で作品を一枚撮ったら、D1Xの素晴らしいシャッター音が
室内を思いっきり響き渡り、係りの女性がブッ飛んできて
ヒステリックに『ここは撮影禁止です!!!』と。
非常識だと言わんばかりにあまりにワナワナなってたのにビックリした。
撮っちゃ駄目って知らなかったんです。御免なさい。

上映時間に間に合わずジャクソン・ポロックの映像は見られなかったが
ここへは運命に導かれて来たような気がした。
展示を見る前から『真夏に坂を登らされた』という言葉がピッタリだなあ…。
と受動態+過去形の言葉を思い浮かべながら登ったのも珍しい体験だった。

森村泰昌?二度と行くか!と思ってたけど、
今日になってあの作品ってどうやって撮ってたっけ?とか
微妙なところが思い出せなかったりして気になって来てる。


DSC_1672.jpgDSC_1676.jpgDSC_1678.jpg
DSC_1680_20100829133517.jpgDSC_1682_20100829133518.jpgDSC_1683_20100829133519.jpg


全てD1X + Ai Nikkor 50/1.4


関連記事



嫌いなのに 忘れられない。
  

それって かなり 重症 v-218
【2010/08/30 01:17】 URL | EMILY #-[ 編集]
してやられた。
こういう時に使う言葉なんでしょうね。

【2010/08/30 10:36】 URL | FREAK BEAT #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 FREAK BEAT FREAK BLOG, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。