日常のデジタル画像で徒然に気の向くまま綴るブログ。岐阜発。



妹が結婚するのでその前に父に会うことにしました。
(詳しくは以下のリンク)
父からの贈り物 ふくや 辛子明太子

僕が小学校5年生の時に離婚したらしいので
今回父と会うのは26年振りでした。

飛び切り美味しいお寿司屋さんで再会。
美味しくて涙がたくさんこぼれました。
FB7_5817.jpgFB7_5813.jpgFB7_5811.jpg
FB7_5808.jpgFB7_5803.jpg
このお寿司屋さんと、別の日の飛び切りの焼肉屋さんと
妹の結婚披露宴で計三度会いました。
会う度に美味しくて涙が止まらない思いをしたのでした。

僕や母や妹は見捨てられたのではなく
嫌われた訳ではなく
長い間もずっととても愛されていました。

それが分かって嬉しくてまた泣きました。
お父さん、ありがとう!
関連記事



離れていても親子の絆は永遠ですね!!

大将自身も父親として生きる今だからこそ、
お父さんの気持ちが痛いほど伝わるんですね

僕は未だ親になっていないから、想像でしか言えないけど
・・・・。

でも、再会できてホントに良かった!!
これから益々、楽しい人生になるね!!
おめでとう!!
【2009/09/11 01:42】 URL | 小川 豊 #-[ 編集]
>豊

ありがとう。

子供の頃は、周りに離婚している家庭なんてまだ少く
そのことを隠し通した。姓も変えなかった。

学校でそれが誰かに判ってしまうのを恐れた。
逆にそのこと以外は何でもできた。
逆にそのことを悟られないようにするために虚勢を張って生きていた気がする。

或る時、デリカシーの欠片も無い学校の授業。
社会か家庭科。テーマはズバリ、『お父さんの職業』。
教段で一人ずつ発表。
何でもできたのに、できないことは何一つ無かったのに
それだけはどうやっても出来なかった。
教段に立ち、皆の前で一言も喋れずに、泣いた。

何でオレだけ・・・。と卑屈になった。
父の存在そのものも嫌で疎ましく思った。

あれから25年以上の月日が流れ
自分も親になり、そのときの父親と同じ年齢になり
父と再会できたこと嬉しく思う。
孫の顔を見せられたのも良かった。

ホント、楽しみが増えたよ。

益々楽しい人生を送れる様頑張るよ!
ありがとう。


【2009/09/11 10:40】 URL | FREAK BEAT #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2021 FREAK BEAT FREAK BLOG, All rights reserved.