日常のデジタル画像で徒然に気の向くまま綴るブログ。岐阜発。

ハーフサイズのフィルムカメラ オリンパス・ペンEE

調べてみたら

昭和36年(1961年)発売で
「固定焦点」「シャッタースピード1/60秒」「露出は絞りの自動調整」と、
ボタンを押すだけで、誰でも簡単に美しい写真が撮れるカメラでした。

とのこと。
写るんですのように明るいところであれば押せば写るのですが
逆に暗いとファインダー内に(通称)赤ベロが出てシャッターが切れません。
かわいい(笑)


当時の発売価格は丁度10,000円。

レンズの周りのビー玉のようなものはセレンという光電池だそうです。
光を受けると電池のように電気が流れ、太陽電池みたいなものだそうです。


関連記事




















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2021 FREAK BEAT FREAK BLOG, All rights reserved.