日常のデジタル画像で徒然に気の向くまま綴るブログ。岐阜発。

地元静岡の方はもちろん、埼玉 東京 藤沢 大阪? ノルウェー 岐阜からと多方面から。
参加メンバー18名って、最初は5人位って聞いてましたけど(笑)
減るより増える方が楽しくていいのですが、主催のOne Dropのお二人
大丈夫なんでしょうか?ちょっと心配でした。

画像はYO.1さん作、茄子とズッキーニのカレー。
EMILYさんに大盛りで盛り付けていただいたカレーをあっと言う間に平らげました。
美味しい通り越して、もうこれは食品ではなく作品だと思います。

この後、もの凄い勢いでアルコールを摂取していた主催のOne Drop EMILYさんに
『YO.1ちゃんのカレー食べた?』と何度も聞かれました(笑)
途中参加で皆さんの加速する飲みのイキオイになかなか追いつけない僕は
森光子に対する少年隊のヒガシのような口調で
『美味しくいただきましたよ』と何度も答えたのでした(笑)



夏休み最初の日曜日
 
ETC非搭載のクルマで、渋滞に巻き込まれるほど悲しいことはないなと
軽く憤りを感じながら、前日超寝不足の目をこすり、ブラックガムをほおばりつつ
辿り着く先ガンダーラOne Dropで飲む最初のビール
『グビッ!!グビッ!!ゴクッ!!クーッ!!プッハー!!』を何度も思い描いて
折れそうになる心を奮い立たせてました(笑)

何とか辿り着いた二度目のガンダーラOne Dropでは
またしても沢山の素敵な方に出会ったのでした。
(つづく)



大賀ハスを見に行ってきました。

なんでもこの大賀ハス、調べてみたら
遺跡で発掘された2000年以上も前の古代ハスの実から発芽、開花したんだそう。
初めて見ましたが、その大きさにビックリ。

平日の朝9時ごろに行きましたが、既に結構な人出。
大きな三脚や結構長いレンズを取り付けた
デジ一眼カメラを振り回している人が多く、またビックリ。
女性の比率も高かったような。
 




セレブリティーまゆみ様(笑)に
マスクメロンをこれでもかという程(笑)頂きました。

生ハム+メロン+シャブリで乾杯。
贅沢過ぎて怖いです。



いつも良くしてくれる友達と、日頃お世話になっている方を自宅にお招きし
昼間からワインをいただく会を催しました。

少し前から、平松先生のおもてなしを真似て始めてみたのですが
後半は自分が酔ってしまうのでなかなか難しいことが判りました。
喜んでいただけていたらいいな 失礼なことしてなかったらいいなと
祈るような気持ちです(笑)
FB7_0664.jpg



前々からカメラやレンズをブログで紹介したいと思い
カテゴリ作って、写真を撮り溜めて準備をしていたのですが
なかなかアップする気力がなく(汗)
そのままにほったらかしになっていました。

これからちょっとずつアップしていこうと思います。
基本ニコン使ってます。 が、ハッセル、マミヤ、キヤノンも。



3歳からPCを触っていたというFreak Beatスタッフのアイちゃんと
打ち合わせを兼ねて、久々ジョリーパスタで。

Deepな話しが聞けて、Webを取り巻く環境の移り変わりの速さを感じ
柔軟に活用している姿に関心しました。
若いっていいな…とちょっと思いました(笑)

常に新しいものにアンテナを張っているつもりですし
テレビを見なくなって久しく、Webを見ない日は無いほどなのに
話を聞けば聞くほど、遅れていると実感せざるを得ないのには驚きました。
これでは乗り遅れてしまいます。 

日々精進せねば。と大盛りパスタを食べながら思ったのでした。




最近、仕事・打ち合わせ・撮影で名古屋へ行くことが多くなったのですが
いつも交通手段で非常に悩んでます。

結局、カメラ・レンズ・三脚など機材があるのでクルマでいくのですが
岐阜市内からだとどれだけ急いでも1時間は掛かるんですよね。
ちなみに岐阜駅から名古屋駅までJRの快速だと18分。
撮影機材をギリギリにして電車で行こうか思案中。

渋滞関係ないし、駐車場気にしなくていいし、飲めるし。

自転車で行けば痩せるかなあ…(笑)




今日は朝から撮影の予定で、昨日から準備し臨時でカメラマンの応援も頼んで臨んだのですが
2時間ほど待っても、お客様がいらしゃらなくて結局キャンセルになりました。

朝早く、渋滞に巻き込まれながらも
遠くから応援に駆けつけてくれたスタッフにせめてものつぐないと
天都ラーメンを食べに行きました。

辛いものはダメと言ってましたが、気に入ってもらえたようで嬉しいです。

Sくん、本当にゴメンね~



ランチでボンゴレビアンコをいただいた後
デザート、コーヒーもしっかりいただいたのですが
仕事の打ち合わせが長引いたためお店を変えることに。

『はるにれ』という喫茶店へ。

いつもなら何も考えず『ホット』とか『アイス』とか『アイスオーレ』などと
注文するところなのですが、このお店はコーヒーを知り尽くしたスタッフの方が
とても丁寧に対応してくださり、打ち合わせも忘れてコーヒーの世界に
引き込まれました。

いろいろとアドバイスをもらって、メニューを眺めてみると
きいたことあるようなないようなメニューがずらっと。
その中でも、気にしなければ一生頼むことがないようなものをあえて頼んでみようと思い
『サントス ニブラ』を注文してみました。

カップを自分で選ぶことができるようで、コペンハーゲン・マイセン・ウエッジウッドなど
かなりの数が並んでいます。 
あまりわからないのでマイルス・デイビスが乗っていたフェラーリのような
カナリア色のカップにしました。

女性のスタッフの方の博学なこと、いろんなことにこだわったその知識量には驚きました。
このくらいこだわった仕事をしたら、どんな業種であっても成功するのだろうと思いながら
話を聞いていました。

サントス ニブラはほろ苦く、スッキリしていて大変美味しくいただきました。

もしこの記事を見て行かれる方がいらっしゃいましたら
さじ加減の意味を聞かれるといいと思います。ちょっと驚きます。



Design by mi104c.
Copyright © 2009 FREAK BEAT FREAK BLOG, All rights reserved.